トラブル肌解消〜肌質別洗顔料の選び方〜

先程の、肌質チェックでトラブル肌と診断された方に合う洗顔料を、ここでは紹介いたします。まず、“乾燥肌”乾燥肌の原因は、洗顔で油分を取りすぎてしまい、皮膚のバリア機能の低下したため起こるのです。乾燥肌の方は、皮脂の分泌も少なければ、余分な皮脂もほとんどないといった砂漠状態です。油分が少ないからといって、クリームなどで大量に保湿したとしても意味がありません。大切なのは、水分・油分のバランスですから、油分だけを補ったとしても改善の効果が得られないのです。きちんと、水分を補給するためにも、洗顔は泡で優しく洗う程度にし、そこでクリームなど油分を補給してください。
次に“脂性肌”ですが、こちらの原因は乾燥なのです。肌の水分不足から、皮脂を分泌させ、これ以上の水分不足を防ぐのです。サッパリタイプの洗顔料を使っていても、必要な水分も補えなければ、必要な油分も失うと、逆効果なのです。脂性肌を改善するには、ぬるま湯より少し熱めで優しく洗顔し、余分な油分を落とします。そこで、ひどくベタつく部分があれば、顔全体ではなくその部分だけ、洗浄力の高い洗顔料で洗います。その後、保湿力の高い化粧品を使うことで改善されていくでしょう。
そして、最も扱いにくい“混合肌”こちらは、乾燥している所・ベタついている所と部分ごとにありますよね。こちらは、乾燥している部分は、乾燥肌の方法でスキンケアを行い、ベタついている所には、脂性肌のスキンケア方法を行うしかありません。とても面倒ですが、他のトラブル肌に比べ根気よく行うことがピカピカ肌の近道となります。